• HOME
  • 輝き人
  • 令和2年度「倉敷市ジュニア強化選手」が決定

2021.1.28

 倉敷市スポーツ振興協会専門部より推薦された下記44選手が、倉敷市より「倉敷市ジュニア強化選手」として認定されました。(認定期間:令和2年11月~令和3年3月 ※令和3年10月まで継続あり)
 この事業は、市内に在住・在学する中高生で、国民体育大会・全国高等学校総合体育大会出場を目指し優秀な成績を収めている選手を対象に、個々の競技レベルや種目に応じて、コンディショニング・栄養・心理面から的確なアドバイスや、きめ細やかなサポートを行うことで競技力の向上を図ります。そのサポートはスペシャリストが集まる倉敷トレーナーズサポート協会(KTS)の講師陣が行っています。

この事業は、平成18年より始まり、これまでに認定された延べ600名以上の選手の中には、オリンピックや世界大会等で活躍する選手も多数輩出しています。【田中刑事さん(フィギュアスケート)、中尾駿一さん(競泳)ほか】
また、昨年末には倉敷翠松高等学校のバスケットボール部が、念願の全国大会出場も果たしました。

現在、コロナ禍で多くの制限がある中、強化選手たちは目標に向かい日々練習に励んでいるとのことです。
持てる力を十分発揮し、更なる活躍を期待しています。

令和2年度 倉敷市スポーツ医・科学支援事業 「倉敷市ジュニア強化選手」はこちら