倉敷市スポーツ推進委員協議会

富田学区子ども会レクリエーション大会 ニュースポーツ指導  日 時  令和2年11月22日(日)9時~12時  場 所  富田小学校体育館  内 容  囲碁ボールとクップの指導  出席者  223名(うち推進委員14名 谷田浩史 園田正弘 三宅敏夫 久保満也 岡部 智 河原 素 赤澤登美幸 井木誠三        高田雅之 上野 剛 尾形和子 小野明美 江﨑明子 岡 恵美)   感 想  「富田学区子ども会レクリエーション大会」で行われた競技の中のニュースポーツ(囲碁ボール・クップ)の指導を行いました。        コロナウイルス感染予防として、マスクの着用、受付時の検温や手指の消毒が徹底されて行われており、競技中は使い捨て手袋を配布したり、道具の消毒をこまめに行いながら指導を行いました。 事前に感染予防対策の勉強会を行っていた子ども会もありました。        囲碁ボールとクップを初めて体験する参加者がほとんどで、はじめは静かに競技や応援ができていても、白熱してくるとつい大きな声が出てしまう場面もありましたが、久しぶりの友達や地域の方々との交流に、目を輝かせて楽しそうな様子がとても印象的でした。        コロナ渦で色々な行事が中止・縮小される中、今回は参加人数の多いイベントでしたが、「ウィズコロナ」「アフターコロナ」を考えていくうえで、貴重な経験になったと思っています。       報告者  玉島地区  岡 恵美