倉敷市スポーツ推進委員協議会

台風24号の通り過ぎた台風一過の中天城子どもの家児童育成クラブからの依頼を受けて、囲碁ボールの指導をしながら楽しく試合をしてもらう体験会を実施しました。 日時:2018年10月1日(月)9:00~12:00 場所:天城小学校体育館 参加:50名(天城子どもの家) 1.大会内容    参加50名を16チームに分けて実施 (1)練習     囲碁ボールが初めての子ども達なので、ルールの説明から入りボールの打ち方や攻め方を指導しました。 (2)予選リーグ     16チームを4ブロックに分けてリーグ戦を6面を使って実施     初めての囲碁ボールの試合という事で、最初は緊張していたけど慣れてくると3連や4連を作るチームも出てきました。     全24試合の熱戦が繰り広げられました。 (3)決勝トーナメント     各リーグの1位による準決勝と決勝を行いました。     流石にリーグ1位となったチーム同士の戦いは、作戦を考えながらの戦いでした。     優勝チームは本当に上手かったです。     見ていて面白かったです。 (4)順位トーナメント     各リーグ2~4位までのチームによる5位、9位を決めるトーナメントを実施     こちらも慣れてきていたので熱戦でした。     もっとやりたいという声も上がっていました。 2.倉敷地区スポーツ推進委員の参加者(15名)    囲碁ボールを6セット使っての大会という事で、15名に参加して頂いてルール説明からゲームの進め方攻め方迄の指導を行って大会を無事終了させました。    谷口和子・永田満・藤原宏江・荒川周一郎・伊藤順子    小野孝夫・中村俊明・安藤敏夫・目黒寿純・草野康秀    大塚真・大森要人・渡辺泰治・大岸博昭・高橋賢二 報告者 荒川周一郎(倉敷)